たびのあとさき

ソウル在住もうすぐ19年目突入

ジャーナリズム

日本発・偽ニュースサイトに韓国は怒り狂ったか

昨日触れた、「大韓民国民間報道」なる偽ニュースサイト、韓国ではどのように受け止められたのだろうか。 ニュース検索をかけてみた。結果、大手メディアで記事にしたのは中央日報電子版だけであることがわかった。 一部の日本人が、行きすぎた嫌韓感情によ…

偽ニュースサイト「大韓民国民間報道」に考える、嫌韓の行き着く先

「大韓民国民間報道」なるサイトの、ニュースを装ったデマが拡散し、問題化している。検証に乗りだしたネットメディアのBuzzfeed Japanが、その後、運営者本人のインタビュー記事を掲載し、悪質なデマサイトだったことはもちろん、どのような意図で作られた…

産経・名誉毀損記事の悪意を問う(3)【産経新聞 前ソウル支局長、起訴問題】

(2からの続きです) 世間の人々は事実かどうかは関係なく、こうした状況を大統領と結びつけて考えるようになった。いつもなら支持層が激怒するはずだ。支持者以外の人々も「言及する価値すらない」と黙殺したに違いない。しかし今の状況は、そんな常識や理…

産経・名誉毀損記事の悪意を問う(2)【産経新聞 前ソウル支局長、起訴問題】

(1からの続きです) まずは、産経新聞の問題となった記事をご覧下さい。8月3日付、「朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」という見出しです。http://www.sankei.com/world/news/140803/wor1408030034-n1.html その上で、朝鮮日報の…

産経・名誉毀損記事の悪意を問う(1)【産経新聞 前ソウル支局長、起訴問題】

産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が韓国の検察に在宅起訴された件が、日韓で大きな波紋を呼んでいます。検察による起訴は、大統領府の意向があってこそのことです。「『言論の自由が守られない国』という国家イメージの悪化」、「韓国内における報道の萎縮…